日本の借金

日本の借金は1000兆円にまで達しているというニュースが流れています。
これにより日本がギリシャのように経営破綻するのではないか?
というふうに不安に思っている方もいることでしょう。
しかし、これは間違った知識、間違った常識によるものです。
実際は日本の借金というのは確かに大きいですが、借りているのは政府で、貸しているのは私たち国民になるのです。
しかも、日本の国債は94%程度は日本人によって発行されているのです。
残り6%は外国人が買っていますが、日本円で買っているので、結局国債を返すときは日本政府がお札を印刷して返すのみなので、日本が破綻するということは現実問題ありえないということです。


では、どうやって国債を発行しているのか?
ということですが、国債を買った覚えはないという方もいることでしょう。
しかし、あなたは毎月銀行にお金をあずけて、お金を引き出したり、給料を振り込んでもらったりと、銀行や郵便局を頻繁に使っているはずです。
この銀行や郵便局というのはお金を貸して、利ざやで儲けているので、お金を貸す人が必要になってくるのです。
それが日本政府ということです。


つまり、何気なく銀行にお金を預けているという行為が日本の国債を買っているという行為にもつながるのです。
これは意外と知られていないことなので、このサイトを見た人は日本の借金についての誤解が解けることでしょう。


当サイトで、借金の基本的なところや国債について学び、借金の必要性や日本の借金の正しい知識を持って、日本経済の今後の不安を拭うことに繋がれば幸いです。


[Recommend Site]
個人の借金に関する返済方法について無料で相談に乗ってくれるサイトです ⇒ 借金 返済方法

Copyright © 2014 意外と知らない!日本の借金 All Rights Reserved.